google-site-verification: google46bb086dc1fecee2.html
blog

衣替えのお洗濯はコインランドリー「ランドリーカフェ」で一気に終わらせましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

衣替えの時のお洗濯はどうされてますか?

衣替えの作業って大変ですよね。

新しい季節ものを収納場所から出して、そこに季節が過ぎた衣類を収納するという流れになると思いますが、これが結構場所を取る作業で大変です。

特に冬物衣料を片付けるときに注意しなければいけないことがあります。

冬物衣料はきちんと洗って、保管方法にも気をつけないと、虫食いやシミでお気に入りの服が台無しになってしまうということにもなりかねません。

衣類の入れ替え作業だけでも大変なのに、お洗濯までとなると時間もかなりかかります。

あとしっかり乾燥させておかないとカビの原因にもなりますので注意が必要です。

 

そんな大変な衣替えの救世主がコインランドリー「ランドリーカフェ」なのです。
家庭用の洗濯機だと一度に洗える量が少ないので、何度も洗濯機を回さないといけません。
乾燥までさせたりしたら1日では到底終わらないと思います。

でもご安心ください。
最新のコインランドリー「ランドリーカフェ」であれば、大型の洗濯乾燥機がありますので、衣替えの衣類を一度に洗濯することができ、乾燥まで入れても1時間そこそこで完了してしまいます。

冬物の厚手の衣類でも、別途大型の強力な乾燥機がありますので、半乾きの衣類をそちらに移して10~20分もすればふかふかの状態に仕上がります。

また家庭用の洗濯乾燥機と違って、大型乾燥機だとシワになりにくいのも特徴です。

今年は本格的な梅雨に入る前に、ランドリーカフェ(コインランドリー)で一気に衣替えを終わらせてしまいましょう。

以下に衣替えの注意点をまとめてみました。

1.しっかりと汚れを落としてから収納すること

冬でも汗はかいています。汗汚れは目には見えませんが、衣類に残ったままで収納すると、黄ばみや変色の原因になってしまいますので、注意が必要です。

冬物の衣服を出したときに、身に覚えのないシミがあるというときはほとんどの場合、汚れをちゃんと落としてから収納しなかったからだと思ってください。

2.しっかり乾燥させること

洗濯して汚れを落としたらしっかり乾燥させることが重要です。生乾きの状態で収納してしまうとカビの原因になります。

3.早めに終わらせる

冬物衣料は虫食いの被害にあいやすい衣料ですが、害虫は気温が15℃を超えると活動が活性化するそうですので、本格的に暑くなってしまう前に、早めに洗濯して汚れを落としてください。

4.防虫対策はしっかりとすること

衣類を食べる害虫は、衣類に残っている食べこぼしのシミなどが大好物のようです。
シミや汚れはしっかり洗濯して落としておかないと、防虫剤を入れても効かない場合もあるようです。

出来たら、除湿剤も一緒に利用することをお勧めします。

 

ランドリーカフェオリジナルのおすすめメニューはこちらをクリック

 

コメントを残す

*